利用規約

利用規約

日本薬剤師会研修プラットフォーム利用規約

( 目的 )

第1条

   本規約は、日本薬剤師会(以下「本会」という)が開発し、運用する研修プラットフォーム(以下「本システム」という)を利用するにあたり適用される条件等を定めるものです。

(システムの位置づけ )

第2条

   本システムは、本会、都道府県薬剤師会及び地域薬剤師会が行う研修を提供するためのシステムです。

   2 本会が定める手続きに従って本サービスの利用登録を行った個人を「利用者」と言います。

   3 研修を提供する本会、都道府県薬剤師会及び地域薬剤師会は「研修主催者」として、研修を提供する上で必要な利用料金の収納、利用者の個人情報閲覧等を行います。

   4 利用者は利用登録手続きをもって、それに同意したものとみなします。

( 利用対象 )

第3条

   利用対象は、薬剤師(日本薬剤師会会員及び非会員)とし、一部の非薬剤師(本会賛助会員)も利用可能とします。

 ( 利用登録等 )

第4条

   利用者は、本システム上の新規登録画面より、利用者固有のメールアドレスなどの情報を登録するとともに、パスワード等必要な事項を入力することにより利用登録を行うことができます。

   利用者は、本規約に承諾した上で、自己の責任において本システムを利用するものとします。

   次のいずれかに該当する場合、本会は利用登録を拒否、利用停止または受講記録をはく奪する場合があります。

   1 本会所定の申込条件が満たされないとき

   2 利用申込の際の登録事項に、虚偽の記載、誤記、または記載漏れがあったとき

   3 利用の申込を承諾することが、研修主催者の業務の遂行上、著しい支障があると判断したとき

( ID等の管理 )

第5条

   利用者は、前条の定めにより自身が登録したメールアドレス及びパスワード(以下「ID等」という)を自己の責任において厳重に管理し、譲渡、貸与、その他の方法により第三者に利用させてはなりません。

   2 利用者は、ID等を盗用された場合又は盗用されたおそれがある場合には、直ちに本会に申し出るものとします。

   3 本会は、前項の申し出を受けた場合、当該利用者に対し必要な指示等を行うものとします。

   4 利用者による自己のID等の保有、使用、管理が不適切であったことにより、利用者に生じた損害について、本会は一切の責任を負わないものとします。

( 本システムの利用 )

第6条

   本システムを利用する際は、第4条に定める利用登録を行った自己のID等を本システム上で入力するものとします。

   2 利用者は、研修の提供を受ける場合、研修主催者が利用料、受講料を定める場合は、定められた方法で支払うものとします。

   3 支払い期限を経過しても利用料、受講料の支払いがない場合、申し込みは不成立となります。

   4 利用者より支払われた利用料、受講料については、いかなる事由においても返還いたしません。

( 本システムの内容変更等 )

第7条

   本会は、あらかじめ利用者に通知することなく、本システムの内容を変更又は追加等することができるものとします。ただし、本システムの内容を変更又は追加等した場合、本会は本システムのホーム画面において表示する等適宜の方法により通知します。

( 情報更新等 )

第8条

   利用者は、利用者登録において記載した事項に変更が生じた場合、変更可能な事項については、本会指定の方法により変更するものとします。

( 設備負担 )

第9条

   利用者は、本システムの利用にあたり、必要なハードウェア、インターネット回線、その他の設備及び利用環境を自己の責任と費用により準備して管理するものとします。

   利用者は、本システムの利用にかかる通信費など必要な費用を負担するものとします。

( 禁止事項 )

第10条

   本システムにおいて、本規約の他の条項で禁止されている行為の他、次に掲げる行為をしてはならないものとします。

   1 営利目的その他利用者の情報確認以外の目的での本システムの直接的又は間接的な利用行為

   2 本システムの運営に支障を生じさせる行為又はそのおそれのある行為

   3 他人のID等の利用行為

   4 本システムで提供する研修の受講において、本会が不正とみなす行為

   5 その他法令又は公序良俗に反する行為

( 違反に対する措置等 )

第11条

   利用者が前条に違反した場合には、本会は次に掲げる措置を講じることができるものとします。

   1 注意又は勧告

   2 ID等の利用停止または削除

 

   利用者が本規約に違反し、本会に損害が生じた場合、その損害を賠償するものとします。

( 本システムの停止 )

第12条

   本会は、次に掲げる場合には、本システムを停止することができるものとします。

   1 定期メンテナンスを行うとき

   2 緊急メンテナンス、設備の保守上やむを得ないとき

   3 地震、台風、洪水、津波等の災害その他非常事態が発生し、またその恐れが生じたことにより本システムを継続することができなくなったとき

   4 その他運営上及び技術上の問題により、停止が必要と本会が判断したとき

 

   本会は、本システムを停止する場合には、緊急の場合を除き、あらかじめ停止に関する案内を本システムのホーム画面において表示する等適宜の方法により通知します。

   第1項の規定に基づく本システムの停止により、利用者に損害が生じた場合であっても、本会は一切の責任を負いません。

( 知的財産権 )

第13条

   本システムで提供する研修に係る発明、考案、創作、著作物、ノウハウ、本システムを構成するデータ、プログラム、標章その他の情報に関する一切の権利(著作権、商標権その他の知的財産権を含むがこれに限られない。)は、制作した研修主催者に帰属します。他の研修主催者の制作物を活用した研修を実施する場合においても、当該制作物は制作した研修主催者に帰属するものとします。

   2 利用者は、前項に定める著作物等を、自己の私的利用の目的にのみ使用するものとし、複製、販売、配信、出版、ホームページ上の掲載その他私的利用の範囲を越えて使用しないものとします。

( 利用終了 )

第14条

   利用者が、本システムのアカウント情報ページから利用退会手続きを行うことで、利用終了とします。

   利用者本人による入力情報は本システムの利用終了をもって削除されるものとします。

 ( 賠償責任免責 )

第15条

   火災、地震、水害、落雷その他の天変地異等の当会の責に帰さない理由によるサービスの停止・中断により利用者その他の第三者に生じた損害について、本会は一切の責任を負わないものとします。

 

( 非保証、その他の免責 )

第16条

   本会は、本システムで提供する内容の正確性、完全性、適切性、信頼性、又は適時性について保証いたしません。また、本システムの情報を利用したことによって生じた損害について責任を負うものではありません。

( 自己責任の原則 )

第17条

   利用者は、自己の費用と責任において、本システムを利用するものとし、本システムの利用から生じうる損害、損失又は危険から利用者自身を守るために、必要又は得策と考える予防策を講じることについては、利用者自身の責任となります。

( 個人情報の取扱い )

第18条

   本会が、本システムに関連して取得した利用者の個人情報は、本会が定める「個人情報保護方針」に準じて、取り扱うものとします。本会以外の研修主催者(都道府県薬剤師会、地域薬剤師会)がそれを閲覧、利用する場合も同様とします。

   2 国または行政等が定める研修において、研修の修了者に関する個人情報の照会があった場合には、本会は必要に応じて判断し、当該利用者に係る情報を提供・公開できるものとします。

( 本規約の変更等 )

第19条

   本会は、本規約の変更等を行うことがあります。

   本会は、本規約の変更等を行うときは、事前にその内容及び変更の効力発効日を本システムのホーム画面において表示する等適宜の方法により通知します。

   本会が本規約の変更等を行った後は、利用者の閲覧有無に関わらず、変更後の規約が適用されるものとします。

( 協議事項 )

第20条

   本システムの利用について、本規約によって解決できない問題が生じた場合、利用者と本会の間で双方誠意をもって話し合い、これを解決するものとします。

( 準拠法・管轄 )

第21条

   本規約の準拠法は日本法とし、本規約及び本システムに関し、訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

   附則

   制定:2022年5月31日